Googleがソーシャル検索機能+1をリリース

Google+1Googleは、+1という新サービスをリリースしました。
Google +1は、Googleの検索結果をGoogle Buzzなどのソーシャルサービスの友だちと共有することができる機能で、検索連動型広告AdWordsにもその結果が表示されます。

Google +1は、2010年12月にソーシャル機能をテスト中と発表されており、これが正式にリリースされた形となります。

使い方は、フェイスブックのいいね!ボタンやmixiのチェックボタンと同様で、検索結果や検索連動型高校を有用だと考えて友達に紹介したいという場合に+1ボタンをクリックすることで、友達のうち誰が+1をクリックしたかという情報と友だち以外に何人+1をクリックしたかという情報が表示されます。

Google +1ボタン

このGoogle +1も将来的には検索のランキングアルゴリズムに加えられてもおかしくない要素であり、SEOとしても大きな意味を持つものになる可能性を秘めています。
Googleの検索結果に表示されるだけでなく、自身のWebサイトにも設置する事ができるとのことですので、Facebookやmixiなどと同様に設置しておくと良いでしょう。

詳細情報は、Official Google Webmaster Central Blog「Introducing the +1 button」 (英語) をご確認ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL