WordPressインストール後にやっておくべきこと

WordPressのインストールが完了したら、最初にある程度の設定をしておきましょう。
セキュリティ上重要な項目も含みますので、インストール後には確認しておいてください。


セキュリティ観点からの設定

まずは管理に使用するユーザーを管理者として作成し、作成したユーザーでログインしなおしてからadminユーザーを削除します。
初期設定されたadminというアカウントのままでは、パスワードさえ分かってしまえば他人にログインされてしまいますので、セキュリティレベルを上げるという観点からユーザーの変更をお勧めします。
なお、adminユーザーを削除する際に、自動的に生成された最初の記事は削除しておきましょう。

次に、設定ではありませんが、管理画面にアクセスするIPなどが決まっている場合、サーバーのwp-adminディレクトリに.htaccessを設置し、アクセス制御をかけておきましょう。
参考までに指定IPからのみのアクセスを許可する.htaccessの記述をご紹介しておきます。

order deny,allow
deny from all
allow from xxx.xxx.xxx.xxx

上記xxx.xxx.xxx.xxxの部分に実際のIPアドレスが入ります。

インストール後の自動生成コンテンツ削除

インストール直後には、自動生成された記事、カテゴリ、リンクなどが存在する場合があります。
必須ではありませんが、検索エンジン等への無駄なインデックスを防ぐためにもこれらは削除しておくと良いでしょう。

インストール後の初期設定

ほとんど設定はお好みで構いませんが、URL構造だけは先に決めておくべきです。
設定のパーマリンク設定ページの内容をセットしておきましょう。
ちなみに、本サイトは
/%category%/%postname%/
と設定してあり、postnameの部分は記事の投稿の都度手動で設定しています。

最低限やっておくべきことは、この程度です。
SEOを考慮した設定やプラグインのインストールなどの作業は別途記載予定です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL