Mac用アプリケーションのインストール方法

Mac用のアプリケーションのインストール方法をご紹介します。
Mac用のアプリケーションソフトは、Windowsのようにインストーラーが用意されているものもありますが、基本的には単体ファイルで動作するものが多く、フリーソフトなどはここでご紹介するようなインストール方法を採用しているケースがほとんどです。


拡張子dmgとは

ネット上では、.dmgという拡張子で公開されていることが多いのですが、こちらはディスクイメージとなっています。
dmgファイルを開くと、ディスクとしてマウントされ、その中にソフトウェアが入っています。
もちろんdmgファイルは、ソフトのインストールが完了したら削除してしまって構いません。(削除前にアンマウント処理が必要です)

アプリケーションソフトのインストール

Macでは、アプリケーションソフトを格納する領域は「アプリケーション」というフォルダです。
WindowsのProgram Filesと同様の位置づけですので、もちろん他のフォルダでもソフト自体は動くのですが、整理しておくという意味でアプリケーションフォルダに置いておくことをお勧めします。

Macのソフトウェアは基本的に単体ファイルで動作すると説明しました。
ですので、ファイルをアプリケーションフォルダにコピー(または移動)してインストール完了となります。
中には、dmgをマウントした際、以下のような簡易インストーラが起動するものがありますので、この場合はアプリケーションソフトのアイコン(左側)をアプリケーションフォルダのアイコン(右側)にドラッグすることで、アプリケーションフォルダにソフト本体がコピーされます。


※上記イメージはDropboxというソフトウェアを例として使用しています

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL