ワードプレスの構造の基礎

ワードプレスを使ってサイトを作る際には、構造の基礎を理解しておくべきでしょう。
ワードプレスで作るページは、元々ブログ用のCMSということで、いくつかの階層に分かれています。

では、早速サイトの構造と対応するテーマ内の個別のテンプレートの概要です。
(プラグイン等でURL構造がカスタマイズされている場合はこの限りではありません)

フロント(トップ)ページ
home.php
カテゴリ
  category.php
投稿
  single.php
ページ
  page.php
日時ページ
  date.php
投稿者ページ
  author.php
タグページ
  tag.php
検索結果ページ
  search.php
404ページ
  404.php

なお、設定の表示設定によりフロントページに最新の投稿ではなく固定ページが割り当てられている場合はhome.phpではなくpage.phpが、投稿が割り当てられている場合はpost.phpが使われます。

各個別テンプレートは親子関係のある階層構造となっており、カテゴリや日時などのメニュー的な役割のページの上位にはarchive.phpがあり、さらにテンプレート最上位には全ての親となるindex.phpがあります。
親子関係についてですが、たとえばこの例でpage.phpが無ければindex.phpを使うということになっています。

逆に、特定のカテゴリだけに別のテンプレートを適用したい場合は、category.phpの下位にcategory-1.phpというようにカテゴリIDを付与したテンプレートを作ることができます。

投稿やページとして管理画面から入力した内容は、上記対応テンプレートから呼び出され、表示されるページの一部として利用されます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL