コピーライト表記などの年表示を自動的に生成する

コピーライト表記の年の部分を毎年更新するのは面倒というかたに、自動で生成する方法をご紹介しておきます。
WordPressは動的なブログエンジンですので、現在の日付を使い年の部分を自動的に更新することが可能です。
例えば、Copyright(C) 2009-2010 by author_name の部分です。

下記サンプルスクリプトは、サイトの開始年を設定しておき現在の年が違う場合は、2009-2010のように出力するというものです。

$start_year=2009;	// サイトの開始年を設定
echo $start_year;
if(date("Y")-$start_year > 0){ echo "-" . date("Y"); }

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL