DELL Dimension 9200C のハードディスク交換

Dimension 9200Cの内蔵ハードディスクにおかしなログ(ハードウェア故障の兆候)が出ていたので交換しました。

この機種はBTOオプションの上限が500GBであり、デル製のパソコンは1ドライブ1TBは認識しないという情報(まれに1TBで使っているというレポートもありましたが、プラッタあたりの容量等にも関係するのでしょうか)があちこちにあったため、無難にBTOで選べる500GBと同等スペックのハードディスクに入れ替えました。

仕様:S-ATA300 / 7200rpm / キャッシュ16MB

実際購入したのはWestern DigitalのCaviar SE16シリーズ、WD5000AAKSという製品。
同じぐらいの金額でSeagateのキャッシュ32MBのものもあったのですが、ここは確実に行くためにネット上で動作しているとの報告があるWDの製品にしました。

そして、こちらが元々ついていたハードディスク。
DELL Dimension 9200C ハードディスク 160GB
Seagate Barracuda 7200.9 シリーズの160GB。
写真左にあるように、このパソコンではドライバ無しでハードディスク交換が可能です。

ハードディスクを外してみると…
ケースの下についているファンが埃まみれだったので、ついでに掃除しました。
DELL Dimension 9200C ハードディスクケース裏DELL Dimension 9200C ハードディスクケース表

掃除するついでに、この筐体を採用しているパソコン5150C、9200Cの弱点でもあるフロントのスリットにたまった埃も除去。
ここを掃除するだけで、ケースの内部温度が上がりCPUファン等がよく回るという状況が回避できるため、かなり静かになります。
DELL Dimension 9200C フロントのエアダクト

入れ替え後にBIOS画面で認識していることを確認。(ついでにATA300モードで動いていることも確認)
DELL Dimension 9200C HDD入れ替え後のBIOS画面

交換自体は非常に簡単で数分の作業ですが、ここからOSやアプリケーションを入れ直して復活となります。

この投稿へのコメント

  1. 匿名 said on 2008/11/25 at 18:52

    レポートありがとうございます。自分もこの機種のユーザー
    なんですが、内蔵のHDDから異音してきたので取り替えよう
    と思っていたところです。
    「OSやアプリケーションの入れ替え」についてもレポート
    していただけるとうれしいです。

  2. Jun said on 2008/11/26 at 02:18

    コメントありがとうございます。
    OSのインストールはWindows TipsのメニューにあるWindows Vistaのページをご覧ください。
    Vista発売当初に書いたものですが、今回も自分で書いた記事を参考に作業しました。

  3. 匿名 said on 2008/11/28 at 07:29

    Jun様
    コメントありがとうございました。こちらの調べ不足でご迷惑おかけして申し訳ございません。
    インストール時の記事の方拝見させていただきましたが、大変参考になりました。
    これからも色々とレポートしていただけると幸いです。
    よろしくお願い申し上げます。

  4. Jun said on 2008/12/02 at 01:00

    カテゴリ構成が分かり難く申し訳ありませんでした。お役に立てたようで嬉しく思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL