ボタンクリック数などのイベントをトラッキングする

Google Analyticsで、Submitボタンやサイト外へのリンクのクリック数などのイベントをトラッキングする方法をご紹介します。
ファイルのダウンロード数や、提携先への流出数などを計測する際にこれらの方法を使うと便利です。
リンククリックやボタンのサブミットをトラッキングする方法は2種類あります。

ひとつは、擬似的にPVを発生させてページとしてトラッキングする方法で、この方法はかなり前から存在します。
もうひとつは、イベントトラッキングと呼ばれる方法で、セッション中の割合を出したりアクションにカテゴリ指定ができたりします。
なお、イベントトラッキングでは、ページとしてトラッキングする場合に発生してしまうダミーのPVが発生しないということも大きな特徴です。


イベントをページとしてトラッキングする

では、まず1つめのイベントをページとしてトラッキングする方法からです。
これは非常に簡単で、サイト外へ流出するaタグやsubmitボタンにonClickで以下のように設定します。

onClick="javascript: pageTracker._trackPageview('擬似的なページのURL');"

これで、擬似的なページのURLのPVがトラッキングされますので、コンバージョンポイントにこのURLを設定するなどして活用することが可能です。

イベントトラッキングを使用する

イベントトラッキングを開始する前に、1点注意事項があります。
イベントトラッキングは比較的新しい仕組みですので、urchin.jsの古いトラッキングコードでなくga.jsのトラッキングコードを使用してください。

では、実装方法です。
ページとしてトラッキングする場合と同じように、onClickで以下のように設定します。

onClick="pageTracker._trackEvent('カテゴリ','アクション','ラベル','値');"

パラメータのカテゴリとアクションは必須、ラベルと値は任意項目です。
カテゴリはイベントのカテゴリ(種類)、アクションはそのカテゴリ内でのアクションで、例えばdownloadとかsubmitなどを設定します。
ラベルには、任意の文字列が指定可能ですので、URLやメモを入れておくと良いでしょう。
値は、設定しておくことで、平均値などの集計も可能となりますので、必要に応じて活用してみてください。

ちなみに、イベントトラッキングは、ページそのものに対しても設定することが可能です。
例えば、完了ページをページへのアクセス(PV)とは別にイベントとしてトラッキングするような場合です。
書き方は、以下のようにGoogle Analyticsタグ部分に追加します。

<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UAから始まるトラッキングID");
pageTracker._trackPageview();
pageTracker._trackEvent('カテゴリ','アクション','ラベル','値');
} catch(err) {}
</script>

この場合も、カテゴリやアクションなどを設定できるため、より柔軟な解析が可能となります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL