年末調整後に保険料支払いが減った場合の確定申告

今年もようやく確定申告書の提出を終えました。
毎年のことなので慣れてはいるのですが、1つだけとてもわかりにくい部分があり、ネットで調べてもそれっぽい情報が出てこなかったのでメモ的に残しておきたいと思います。

それは何かと言うと「保険料控除」
今回の内容はタイトルの通り、年末調整の対象となっている会社員のかたが対象です。
契約が増えた場合のことはあちこち書かれているのですが、解約等により年末調整時に申告した金額より保険支払額が下がった場合。

あとから知ったのですが、1月末までであれば年末調整の修正が可能らしいので会社の経理へ(めんどくさがられるかもしれませんが…)ということだそうです。

今回は、確定申告で処理したのですが、保険料控除の入力欄がこちら。
年末調整後の保険料控除申告
画像に注釈を入れたとおり、契約追加分はこの画面から入力するだけです。
で、減った分もここにマイナスで入れてみたところ、エラー表示が。

結論としては、こちらも画像の注釈のとおり、「年末調整で適用を受けた保険料の確認」というボタンを押します

ただの確認画面だと思っていたのですが、ここで修正を反映した数値を入力するようです。
画面上の注釈に小さく「訂正する場合は…」と書かれていました。
なお、訂正とのことなので、こちらの画面では年末調整の対象にした保険契約の料金の修正のみの入力です。
年末調整を受けた保険料の確認

提出する年末調整の書類と金額は異なりますが、ここで修正すれば良さそうです。
とりあえずこれで確定申告を出してみましたが、おそらく問題ないと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL