特定URLの閲覧と同一セッション内でのコンバージョン

Google Analyticsで、特定のURLを閲覧したセッションのうち、コンバージョンしたセッションの情報を取得するためには、アドバンスドセグメントを使います。
一つずつ確認する必要はありますが、どのようなカテゴリに興味を持つユーザーがコンバージョンしているのかなどの情報を得ることができます。

アドバンスドセグメントの設定は非常に簡単です。
例えば、下記の例では、URLにnewsを含むセッションのうち、目標1を完了したセッション数が取得できます。

ただし、アドバンスドセグメントには若干バグが残っているようで、あまり凝った条件を設定すると全セッションが抽出されてしまうようです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL