グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (夏野 剛 著)という本を買ってみました。
普段は何事もネットで済ませてしまうため、めったに本を読まないのですが、過激なタイトルに惹かれました。

挑発的なタイトルにあまり期待しすぎると裏切られますが…
メッセージとしては「当たり前のことを当たり前にやりなさい」といったところでしょうか。

本サイトでもSEOのページで書いていますが、ネットは人のためのツールでしかありません。
技術だけで画期的な事ができるというものではありません。
GoogleやAmazonが技術的に優れているのも、メインが人であり、人のためのサービスを追求した結果なのです。
要は、技術的に単に真似をしたからと言ってうまくいくはずはなく、ユーザー視点に立って仕組みを作っていくことが大事だということ。

ごくごく当たり前のことが書かれていて、それができていない企業が多いとか、夏野氏自身がドコモ時代やニワンゴで実践してきた体験談などが書かれています。
長くWeb業界にいるかたは、その中で忘れてしまっていたり見落としてしまっていたことの「きづき」を与えられるかもしれません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL