Google Analyticsから分かること

Google Analyticsは、非常によくできた無料のWebアクセス解析ツールです。
ページビュー(PV)やセッション、UUという基本的な指標がベースとなっており、いろいろな角度からユーザーのアクセスを解析することができます。

Webを運営していると、サイト全体の数字だけではなく、当然書いた内容に対する閲覧者の反応が気になるでしょう。
軽く考えただけでも、以下のようなことが気になるはずです。

  • 特定のページに対するアクセス数など各指標値
  • どこから入ってきたのか
  • 流入元が検索エンジンの場合、ユーザーが検索したキーワードは何か
  • 流入後にサイト内を回遊したのか、また何もせず帰ってしまったのか
  • ECサイトなどであれば売上につながったのか

Google Analyticsを使うとこれらの数字はすぐに出てきます。
また、過去との比較なども可能です。

ある程度使いこなすことができれば、Webサイトの解析結果から、次に何をすればユーザーが集まってくれるのか、売上を上げることができるのかというのを読み取ることができるようになります。

Web解析をする上で、Analyticsからは分からないなどという声が聞かれますが、知らないだけで意外といろいろなことができたりします。
まずは、自分が知っている機能で出せるデータを眺めてみて、そこから深掘りして行き、どのようなデータが知りたいかをピックアップした上で取得方法を探してみることをお勧めします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL