Google Homeがやってきた

Google Home買いました。
本当は周りの人たちのレビューを待って、Google Home Miniか、年内発売と言われているAmazon echoのどちらかにしようと思っていたのですが、評判も良いのでなんとなく。

購入は今月中ならChromecastが付くということでビックカメラさんで。
個人的にはポイントをためているLABIが良かったのですが、まったく交渉に応じていただけず、ちょっと残念。

Google Home

AIアシスタントと言われており、正直かなり期待していたのですが、完全に裏切られました。
AIと呼んではダメでしょうというぐらいの、ただのルールベースの音声認識デバイスですね、コレ。
定型フォーマットにしたがって、天気や予定、音楽等を外部も含めたインターネットサービスからピックアップして話してくれるだけの機械で、単体で見ると約1.5万円の高価なおもちゃでしかないと思います。

Google Homeのこれだけはどうにかしてほしいポイント

細かいところを挙げると、言い回しによって理解してくれないとか、ニュースがただのネットラジオとかいろいろあるのですが、どうしても理解できない点がひとつありました。

それはスケジュールの読み上げで、メインカレンダーにしか対応していない点です。
自分の場合、スケジュールだけは仕事のアカウントのものを読み上げて欲しいのですが、プライベートのIDと紐付けた状態では対応できません。

そこで、マルチユーザー機能を使って、仕事用のアカウントもリンクしようとしたところ、音声が同じせいかエラーとなり先に進めません。
キャンセルすると、アカウントとのリンク自体はできているような状態に見えるのですが、スケジュールは取得してきてくれませんでした。
Google Home音声登録エラー

Google HomeはIFTTTの活用で大きく化ける

IFTTT(イフト)をご存知でしょうか。
If this then thatの略らしいのですが、何かが発生した時に何かをするというレシピをAppletsとして登録することで、あらゆるWebサービス同士を連携させることができるサービスです。
詳しくはIFTTTのサイトをご覧ください。

Google AssistantもこのIFTTTに対応しており、thisの部分の「○○と言われたら」という部分に割り当てることが可能です。
試しに、スマートリモコンのNature Remoと組み合わせて使ってみました。
Nature Remoは、各種センサー入りの学習型赤外線リモコンで、インターネットに接続することで赤外線リモコンをスマートフォンからコントロールできるデバイスです。

自宅のNature Remoには、リビングの照明ON/OFFのリモコンコードを学習させてあり、それをGoogle Homeからボイスコマンドで呼び出してみます。
※Google Homeをお使いのかたは、ミュートボタンを押すなどマイクを無効にした状態でご覧ください

電気OFFのタイミングでも少し明かりが見えているのは、撮影している後ろに起動中のパソコンがあったためです。

音声認識デバイス全体の課題

音声認識デバイスの課題、それは上記動画のところにも注釈を書いたとおり、起動コマンドが共通化されていることが大きな問題だと思います。
これはどの音声認識デバイスでも同様です。
Google Homeであれば、「OK、Google」「ねぇ、Google」、Amazon echoでは「Alexa」、Siriであれば「Hey Siri」のようにすべてのデバイスで起動コマンドが共通です。
これによって何が起こるかというと、上記YouTube動画とかの「OK、Google」に反応してしまいます。
将来テレビドラマなどで使われると、おそらくそれにも反応するでしょう。
Amazon echoがユーザーが視聴していた動画のAlexaの呼びかけに反応して勝手に買い物してしまう等の問題も発生していることですし、この部分こそパーソナライズというかカスタマイズできるようにしていただきたいものです。

Google Home謎の挙動が発生

上記の通り、OK Googleなどと言っているレビュー動画などには反応してしまうわけですが、全く関係ない時に音声コマンド入力を開始してしまうことがあります。
リクエスト開始、終了音を出すようにしてるから気づいたのですが、何を言ってるか不明な時の「お役に立てそうにありません」でもなく、タイムアウトほど長くもなく無言で終了します。
また、アカウントのアクティビティとしても履歴が残りません。
ご参考までに、タイムアウト時のアクティビティはこのように残ります。
Google Home タイムアウト時のアクティビティ履歴
ちょっと気持ち悪いですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL