iPhoneとApple WatchでのSuica利用を辞める理由

iPhone7とApple Watch2でのSuicaがリリースされて以来、とても便利に使っていました。
特にApple WatchでのSuica利用は、財布も携帯も取り出す必要がなく、かなり楽です。
(どっちの手につけるかとか、ロック解除タイミングがわかりにくいという問題はありますが…)

そんなAppleデバイス上でのSuica利用をやめようと思っています。
その理由はただひとつ。

iOS Suicaアプリの出来がひどい

これに尽きます。
リリースから数ヶ月経過していますが、現時点でも、とてもお金を扱うアプリのクオリティとは思えません。

というのも、これまでチャージの段階でのトラブルに2回も遭遇しました。


1回目のチャージトラブル

iOS Suicaアプリ実際お使いのかたであればわかっていただけると思いますが、チャージする際の決済方法を選んでからの課金プロセスはそこそこ時間がかかります。
なので、指紋を読ませてしばらく放置しておいたのですが、画面は戻っているものの、金額が増えていません。

通常であれば、この画面の金額部分がチャージ完了とともにアニメーションでチャージ後の金額に書き換わります。
ここが増えていなかったため、何か失敗したかな?と思い、再度チャージを行うと、2回分チャージされてしまいました。
このとき、たまたま数千円程度だったので良かったのですが、万単位だと結構な痛手です。

アニメーション表示なんてさせなくて良いので、チャージされたならば確実に金額を書き換えるなり、ユーザーにわかるようにしていただきたいです。

 


2回目のチャージトラブル

iOS Suicaアプリ チャージエラーこの事象が発生し、もう使うのをやめようと思いました。
今回はどうやら通信エラーが発生したようで、課金プロセスの後でエラー画面が出ました。

エラー表示から戻ると、金額部分に赤色の「!」マークが付き、何らかのエラー状態であることがわかります。
ちょっと進化したのかなと思いながら通信環境やApple Watchとの接続を確認しつつ何度かリトライしたのですが、何度かこのようなエラー画面になり、最終的には何度目かのこのエラー画面を閉じたらチャージが完了していたという結末でした。
エラーなんですよね?チャージされちゃダメですよね??

課金周りがこんなに不安定なのは、テストを十分に行っていないのでしょうか。
エラーが出ているのにチャージされているとか、明らかにどこかの処理フローがおかしいです。

 

ということで、近日中にカード型のSuicaに戻します。
JRさんと、開発ベンダーさんは、このあたりしっかり見直しして作り込んだ方が良いと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL