iPod で曲間をなくす方法

iPodのマイナスポイントとしてかならず曲間が空いてしまうという仕様があります。
これは1つの曲を1つのファイルとして保存しており、iPodがファイルの先読みをしていないから発生する現象(仕様)です。

では、mixCDなどを取り込むときに曲間をなくす(ギャップレス再生をする)にはどうしたら良いか。

答えは、上記iPodの微妙な仕様をクリアするために、1枚のCDを丸ごと1曲として取り込むしかありません。
そしてMacOS 10.4以降をお使いの方にはここから先があります。
3つのツールを使い、1曲の中のタイムテーブルを作ってやることで、iPod上(iTunes上)に正しいチャプター情報を表示させることができるのです。

使用するソフトウェア

  • Export as XML chapters (フリーソフト)
    http://www.rosetrace.com/%7Elogan/ipod/exportasxmlchapters.tgz
  • ChapterTool (フリーソフト)
    http://www.apple.com/support/garageband/podcasts/
  • AudioBinder (カンパウェア)
    http://homepage.mac.com/vaughn/audiobinder/

作業工程

  1. Export as XML chaptersを~/Library/iTunes/Scriptsにインストール
  2. iTunesの[詳細設定] – [CDトラックを統合]でCDから音楽を取り込み
  3. 取り込んだCDを選択してApple ScriptマークからExport as XML chaptersを選択
  4. XMLファイルを保存
  5. AudioBinderを起動
  6. ChapterToolの場所を指定
  7. 2で取り込んだファイルを読み込む
  8. Importボタンをクリックし、4のXMLファイルをインポート
  9. Bindボタンをクリックして、~.m4bファイルを保存
  10. 9でできた~.m4bをiTunesに読み込み

4G以降のiPodでは普通に曲のスキップ等も使用できる模様です。
情報元はGapless iTunes Tutorial(英文)
我が家にはWindows PCしかないので試すことができませんでしたが…

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL