ランディングページ毎のコンバージョン指標を見る

Google Analyticsで、ランディングページ毎にコンバージョン指標を見る方法をご紹介します。
この方法では、直前のページや同一セッション無いの任意のページではなく、サイトに流入し、ランディングしたページごとのコンバージョン状況が分かりますので、LPO対策として改修すべきページを容易に見つけることができます。

ランディングページ毎のコンバージョン指標を見るには、カスタムレポートを使います。
まずは、見たい指標値はコンバージョンですので、指標の部分にはコンバージョンに関連する項目を置きます。
続いて、ランディングページ、つまり閲覧開始ページ毎の指標を作りたいので、ディメンションには「閲覧開始ページ」を置きます。

指標やサブディメンションは、状況に合わせてEC関連の指標を入れたりとカスタマイズしてみてください。

ここまでの設定で、カスタムレポートを保存し、表示してみるとランディングページ毎のコンバージョン数とコンバージョンレートを確認することができます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL