Google カフェインを全世界で導入

Googleは、新たな検索エンジンであるカフェイン(Caffeine)を6月8日に全世界でリリースしました。
カフェインは、検索インデックス構造を最適化することで、インデックス更新を早く行うことができる仕組みと言われています。

Googleの発表によると、インデックス更新が早くなることで、従来よりも検索結果が50%ほど新しくなるとのこと。
解析処理の改善などがメインですが、先日のランキングアルゴリズム更新(メーデーリリース)のようなロングテールワードの最適化などと合わせ、検索結果への影響は大きいと思われます。

情報元:Google公式ブログ Our new search index: Caffeine

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL