Yahoo! JAPAN スパム業者をインデックスから手動削除か

Yahoo! JAPANは、虫眼鏡SEOなどのスパム業者のインデックスを手動削除したようです。
Yahoo! JAPANは12月10日に、Yahoo!検索スタッフブログでYahoo!検索の品質向上に対する取り組みとしてスパム行為に対する取り組みを発表しており、スパムのターゲットワードとなっていたキーワードの関連検索表示などを停止していました。
インデックス削除はスパム業者に対する制裁措置と考えられ、SEO関係者のブログやTwitterで話題となっています。

参考:
ヤフー、「虫眼鏡SEO」業者に制裁措置、インデックスから削除 (SEM-R)

Yahoo! JAPANは、関連検索ワードやキーワード入力補助に表示されるワードを操作するサービスを提供する業者、いわゆる「虫眼鏡SEO」業者への制裁を強化した模様だ。12月14日現在、Yahoo!検索にて「虫眼鏡SEO」や「関連検索ワード」「キーワード入力補助」などのキーワードで検索しても、同サービスを生業とする業者がインデックスから削除されていることを確認した。

インデックスの手動削除に関しては、技術的には難しいことではなく当然今までもやっているだろうという暗黙の了解的な部分はありましたが、ここまで表立って行われたのは珍しいことではないでしょうか。
今回のYahoo! JAPANの手動削除という手段は、もぐら叩き状態となったり他の検索エンジンがスパムのターゲットとなったりなどのリスクもあるのではないでしょうか。
Googleでは、このようなスパム排除について、スパム報告に基づきアルゴリズムに組み込むというポリシーを公表しています。

いずれにしても言えることですが、クライアント側もSEOについての知識を深め、今回削除対象となったようなスパム業者にひっかからないようにすることが重要だと言えます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL