Google パンダアップデート適用を拡大 日本語はまだ

Googleは、パンダアップデートを英語以外の言語への適用を開始しました。
中国語、日本語、韓国語はテスト中であり、今回の適用対象外だそうです。

詳細は、Google Webmaster Central Blog(英語)に記載されています。
High-quality sites algorithm launched in additional languages

パンダアップデートは、SEOを目的とした自動生成サイトなどを排除するためのアルゴリズム変更であり、今回の変更では6〜9%の検索クエリが影響を受けると予測されているようです。

今回の除外対象が中国語、日本語、韓国語ということは、やはり2バイト文字コードの解析は難しいのでしょうか。
それとも母数が少ないから後回しとか?
検索ワードによっては悪質なコンテンツファームばかりしか出てこなかったりしますし、日本語にも早く適用してもらいたいものです。

なお、Googleが言う質の高いサイトの定義は、More guidance on building high-quality sites (英語)に記載されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL