Googleが新鮮度を重用視するアルゴリズム 影響は全検索の35%

Googleは、新鮮度(記事などの新しさ)を重要視するアルゴリズムを導入したと発表しました。
今回のアルゴリズム変更は全検索の35%に影響するとのことです。

Googleは、昨年「カフェイン」と呼ばれるインデックス更新システムの改善を行っており、今回の変更は、このカフェインを基盤とした検索アルゴリズムの変更となります。
カフェインの詳細はGoogle カフェインを全世界で導入をご参照ください。

詳細情報は英文ですが、Google Search Algorithm Change For Freshness To Impact 35% Of Searches; Twitter Firehose Remains Off (search engine land)から。

個人的に気になった新たなスパムの可能性についても書かれています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL