Nucleusのインストール手順

Nucleusのインストールは非常に簡単です。
まずはNucleus公式サイトからダウンロードし、フォルダの中身をサーバーにアップロードしましょう。


Nucleusインストールの準備

Nucleusをインストールするための準備は、DBを作成しておくことぐらいです。
インストール中にDBを作成することもできますが、レンタルサーバー等では事前に準備しておかないとインストーラーのWeb画面からのDB作成は許可されていないことが多いので、注意しましょう。
DB作成時の文字コードはUTF-8をお勧めします。
ここ最近、UTF-8を使用するのが主流になっているというだけであり、EUCでも特に問題はありません。

Nucleusのインストール作業

Nucleusのインストール作業も非常に単純なものです。
Webブラウザを使い、

http://(NucleusをアップロードしたURL)/install.php

を開き、必要事項を入力して完了まで進みます。

まずは、先ほど設定したMySQLの情報を入力します。

高度なデータベース設定は通常は特に変更することはありませんが、もし一つのデータベースにNucleusを複数入れる場合などは設定しておきます。
今回インストールを行うNucleusのデータを識別するために、各テーブルの先頭にここで設定した文字列が使われます。

次に、各ディレクトリの設定です。
ここは、通常、最初から設定されており、変更する必要はありません。

続いて、管理者のアカウント設定と、ブログの名称などを設定します。

更新Pingは、公開サイトを作る場合はONにしておくと良いでしょう。

以下のような画面が出たらインストール完了です。

インストールが完了したら、やっておかなければならない処理が2つあります。
まずは、config.phpを読み取り権限のみとしておくこと。
2つめはインストール関連ファイルのinstall.phpとinstall.sqlをサーバーから削除しておくことです。

これだけでNucleusのインストール作業は完了します。
特にディレクトリ周りの設定を書き換えていなければ、

http://(NucleusをアップロードしたURL)/nucleus/

で管理画面に、

http://(NucleusをアップロードしたURL)/

でNucleusから出力されるサイト本体にアクセスできます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL