今さらRAM DISK !?

IOデータからWindows用のRAM DISKツール「RamPhantom3」が発売されました。
フロッピー全盛の頃には遅いフロッピーディスクを使うよりもRAM DISKを作ってそこにコピーして操作する方が速かったりということもあり、MS-DOSでは流行ったツールではありますが、なぜ今更…

最近ではメモリを多く積むようになり、よく使われているWindowsなどのOSでは32bit版がほとんど。
32bitのOSでは物理的なメモリを4GB弱までしか扱う事ができず、それ以上積んでも無駄になってしまうことが多いのです。
かと言って、64bit版のWindowsだとまだ未対応アプリが多いし…
こんな時に使えるのがRAM DISK。

勘の鋭いかたならお気づきかと思いますが、ストレージとして使うのではなく、割り当てたRAM DISKをメモリのスワップ領域として使ってしまえば、メモリと同様に使えるわけです。
そんなわけで、なぜ今更!?だったのが、ちょっと興味がわいてきて…
メモリ増設とセットで買ってしまいそうな今日この頃です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL