東芝EMI セキュアCD導入

東芝EMIが時代に逆行してセキュアCDを導入する模様。

回数限定でコピー可能だったりWMA(DRM制御付き)にリッピングできたりと、CCCDよりも柔軟にはなったものの、今時MP3やAACと言ったよく売れているポータブルオーディオの形式には対応していない。

普段iPodを愛用しているので、CCCD等の容易にリッピングできないCDは買わないようにしている。
おそらくこういう人は多いのではないだろうか。
メーカーはコンテンツを守ることだけを考えて顧客ニーズを無視して良いのだろうか。
もちろん何もガードがなければコピーしたりする人もいるわけだが、そういう人はプロテクトされていても関係なくコピーするだろう。

企業の情報管理にも言えることだが、結局は個人のモラルの問題ではないかと思う。

— 関連リンク —
東芝EMI セキュアCDについて

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL