SEOにはトラフィックも関係している?

SEOとトラフィックの関係について、Google側の公式発表では関係性は無いとされていますが、どうやらトラフィックも関係しているような動きがあります。

先日、Googleツールバーが様々な情報をGoogleに送信しているということを書きましたが、当然、Google側ではページ毎のトラフィックも取得することが可能です。
おそらく、ツールバーからの数値が、ページの評価要素のひとつになっているものと思われます。

なぜトラフィックがSEOに関係すると思ったかと言うと、とあるサイトでの出来事がきっかけです。
複数ページの記事の2ページ目にトラフィックの多いサイトからのリンクが貼られ、2ページ目だけが、かなりのアクセス数をたたき出しました。
もちろん、重要度の高い外部リンクという評価もあると思いますが、この時、その記事のメインキーワードでGoogle検索をすると、上位表示されるのは2ページ目となっていました。

他にもトラフィックの推移とともに、上位表示されるようになるという現象は何度も見ていますが、人気が出ることで外部リンクが自然に増え、サイト自体のパワーがアップするという考え方をしていました。
上記例では、公開してからあまり時間も経っておらず外部リンクも少ない状態での出来事でしたので、これは間違いないだろうという結論に(個人的に勝手に)至りました。

ちょうど話題のキーワードであったため、QDF(Query deserves freshness)にしか効果がないという仮説も考えられますが、Googleの公式発表に反してトラフィックもページ評価要素の一つとなっていることは間違いなさそうです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL