SEO内部施策 サイト内の設計

htmlに関する復習ができたところで、内部施策と言われるサイト内の設計についてのお話です。
SEOの内部施策は、階層構造を明確にということと、メッシュ状のリンク構造を作るということが基本となります。

まず、サイト内の構成の考え方ですが、ひとつのテーマを持った「ページ」があります。
また、関連したページを項目ごとに束ねる「カテゴリ」があります。
これらをひとまとめにしたのが「サイト」ということになります。

Webサイトは1冊の本だと思ってください。
本には何かしらのテーマがあるように、Webサイト自体にも何かしらのテーマ性を持たせるべきなのです。
中には日記のようなサイトもありますし、ブログサービスのように一つのドメインに複数のユーザーがいろいろなテーマのブログを持っているケースもありますが、本来であれば1つのドメインにつき、1テーマが望ましいのです。
できればサイト名やURL(ドメイン)も一目でテーマがわかるものにしておくことをおすすめします。

カテゴリは本で言うところの「章」にあたります。
サイトの内容を章立てをして整理していくわけです。
さらに1つのページは小さな章のようなくくりとなります。

ここで鋭いかたはお気づきでしょうが、当然章立ては深すぎると目的の情報にたどり着くのが大変です。
同じようにカテゴリ階層もできるだけ浅くわかりやすくしておくことがポイントとなります。

さて、ここからが本の世界と大きく異なる所です。
本では関連のある内容を示すのに「第○章を参照のこと」などの記述でユーザーがいちいち戻ったり進んだりして確認をしなければなりません。
Webの世界ではリンクという便利なものがありますから、参照先へリンクを貼ることになります。

サイト内へのリンクの考え方ですが、階層構造のつながりに加え、階層ごとの横のつながりなど、関連するページへはできるだけ相互に細かくリンクを貼っていきましょう。
また、それぞれリンク先から元のページへと戻るためのリンクも必要です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL