Twitter ToolsがoAuthに対応

Twitter ToolsがoAuthに対応しました。
というよりも、バージョンアップにより認証方式が変更となっていました。

Twitter Toolsは、WordPressでの記事投稿時にツイートしたり、TwitterのTLをWordPress内に表示させるためのプラグインです。

最新版では、Twitterと連動するための認証方式がoAuthに変更されており、自分で開発者登録ページから、アプリケーション登録を行う必要があります。

Twitterのアプリケーション登録申請は以下のような画面となります。
こちらもいつの間にか日本語化されています。

  • アプリケーション名
    Twitterへの投稿時に via @入力した名前 のように扱われますので、ご自身のツイッターアカウントを設定しておきましょう。
  • アプリケーションの説明
    「ウェブサイトhttp://~/からのツイート投稿とTL読み出し」など、分かりやすい説明を入力してください。
  • アプリケーションのウェブサイトURL
    ここはサイトのURLを入力します。
  • 所属会社/団体
    空欄で構いません。
  • アプリケーションの種類
    ブラウザアプリケーションにチェックを入れてください。
  • コールバックURL
    ここにもサイトURLを入力します。
  • Default Access type
    Read & Writeを選択します。

次へ進むと、Twitter Toolsの設定に必要な情報が出てきます。

Twitter Tools 認証設定画面

まずは、Consumer KeyとConsumer SecretをTwitterのアプリケーション申請完了画面からコピペします。
その下にあるAccess Tokenは、完了画面右側のナビゲーションからMy Access Tokenに入ると表示されますので、こちらも間違いないようにコピペします。

Connect to Twitterボタンをクリックして接続完了です。
あとは、以前のバージョンと同様に設定してください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 設定はこちらで詳しくされてるので割愛( ̄ー+ ̄) […]

トラックバック URL