プラグインなどを自動更新するための設定

WordPressでプラグインなどの自動更新を行うための設定方法です。
プラグインなどを管理画面から自動更新をする方法のひとつは、configにFTPアカウントを設定して接続させるという方法ですが、このためだけにFTPサーバー機能をONにしたりということは避けたいところ。

そこでもうひとつの方法をご紹介します。

その方法とは、モジュールのアップデートに使用されるプログラムのファイルオーナーを適切に変更するだけです。

普通は、これらのファイルにread権限がある状態であれば動作するものと思いますが、なぜかうまく動きません。
プログラムの細部までを解析していないので、なぜファイルオーナーを変えるというオペレーションで期待通りの動作となるのかも不明ですが、とりあえず動くというぐらいで考えておいてください。

では、具体的な方法です。
WordPressのインストールディレクトリのwp-adminの中にあるupdate.phpとupdate-core.phpの2ファイルのオーナーを変更します。

例えば、以下のような感じです。

chown apache:apache update*

apacheの部分は、環境に合わせて変更してください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL