VAIO type P 発売! おすすめカスタマイズは?

ついにVAIO type Pが発売されました。
Sony Styleも復活しているようですし、市販モデルとなるものは全てHDD仕様で4200rpmという遅い物を使用しているためSony Styleでのカスタマイズを強くお勧めします。
そこで、お勧めのカスタマイズ構成は?というものを書いておきたいと思います。

OS
基本はVista Basic。
Home PremiumとBusinessが選べるけど、ドメインに参加するとかの用途が無い限りはBasicのままが良いでしょう。
どうせAero使えないんだし、モバイルPCでわざわざVistaの中で一番重いと言われているHome Premiumを選択するのはないでしょう。
ドメインに入りたいなら高いけどBusinessにしましょう。

ボディカラー
Sony Style限定のオニキスブラックも捨てがたいわけですが、実機を見ると指紋だらけになってました。
好みもあるけど濃色よりはクリスタルホワイトの方が手垢が目立ちません。

CPU
市販モデルに搭載されるZ520は触ってないのでなんとも言えないのですが、価格差も5,000円程度なので、真ん中のZ530がお勧め。

ストレージ
これも市販モデルのHDD版は触っていませんが、前述の通り回転数が4200rpmという絶対ボトルネックになると容易に想像できるスペックだったりします。
とにかく安くしたい場合でなければ、15,000円のプラスでSSDの64Gにできるので、ここはSSDにしておきたいところ。
ちなみに、本体重量に一番効いてくるのもココです。

その他のオプション
お好みでというところなわけですが、、価格を見ると後で買うよりも絶対お買い得に設定されているので、必要なものは一気に付けてしまう方が良いでしょう。
自分の場合はBluetoothとMotion EYE、ディスプレイ/LANアダプタを付けました。

保証
Sony Styleであれば3年保証ベーシックが標準ですが、モバイルであれば間違いなく3年保証ワイドがお勧め。
ワイドであれば破損や水濡れでも対象となるので、モバイルPCの場合は+6,000円でも高くない価格だと思います。
自分の場合はたまたま3年ワイド無料のクーポンを持っていたので、無料で付けました。

気になる価格は、これでなんと107,000円弱!
VAIOにしてはお買い得な金額におさまりました。
発売日の本日、Sony Styleでは納期が2月中旬となっていますが、予約している自分の納期は2月下旬のままです。
どういうことでしょう…

ちなみに、メインPCとしてこのPCを検討するのはやめておくのが無難です。
ネット程度であれば良いかもしれませんが、いろいろと欲が出てきたときに拡張性が皆無です。
この金額出せば、もっとスペックも高くて拡張性も考えられているPCが買えますので、メインとして使う場合は、Core 7iが出てきて安くなっているCore2 Duo搭載PCあたりがお勧めです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL