ウィルスバスター for MacがOS X Lionで停止する

ウィルスバスター for MacがOS X Lionで停止Mac OS X Lionが公開されてからずっとウィルスバスターが停止するという問題を抱えていました。

この問題に関して、ウィルスバスター発売元であるトレンドマイクロのサポートページでは、
「本現象は、現在当社で調査を行っております。最新の情報は随時本ページを更新する形でご案内いたします。」
という全く役に立たない回答内容となっています。(最終更新日2011-08-14 03:00:29の情報)

Mac OS X 10.7 (Lion)上でウイルスバスター for Macを使うと「動作を停止しました」メッセージが表示される

一方、アップルのサポートフォーラムでは、2011年8月8日に修正モジュールの情報が出ています。
このモジュールは、実は2011年8月2日付けでリリースされていたもののようです。
Lionでウイルスバスターも停止する

なぜか、アップルのフォーラムではリンク先が別のサーバー経由でのリダイレクトになっていますが、trendmicro.comに直接アクセスしてファイルを入手できました。
ウイルスバスター(TM) for Mac 1.6 HotFix (iCore 1.1 ビルド 2048)

Wi-Fiなどのネットワーク接続が不安定な環境でのブラウジングなどで発生する現象のようで、2011年9月13日時点で自動アップデートによる不具合の修正は行われていません

以前よりウィルスバスターのMac対応には不満を感じていましたが、今回の件についてはトレンドマイクロさん内部での情報共有が出来ていないことも明らかであり、不信感を感じざるを得ません。
Windows版に関しては随時アップデートもあり、好印象なだけにたいへん残念に思います。

対処法追記 (2011/12/06)
Google+にて「フィッシング対策」を無効にするとエラーが発生しなくなるとの情報をいただきました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL