VMwareでWindowsを使う時のキーアサイン

VMware FusionでWindowsを動かす時のキーアサインの変更に関するメモです。
Mac上でWindowsを動かす際に一番困るのがWindows独自のキーアサインだったりします。
VMwareでは、これらWindowsのキーアサインをMac用キーボードを使って実現することが可能です。

キーアサインを変更するには、VMwareを起動し、アプリメニューのVMware Fusionから環境設定を開きます。
キーボードとマウスを開き、キーのアサインを変更します。

キーマッピングでは、Print Scrn、Insertあたりのキーがありませんので、よく使うのであれば登録しておきます。

マウスショートカットの方が変更しておかなければ困ることが多いと思いますので、スクリーンショットを載せておきます。

VMware Fusion キーアサイン

初期状態ではControl+クリックで副クリック(右クリック)となっていますので、これを、Option+クリックに変更することで、Control+クリックの割当が解放されます。
これをやっておかないと、Windows側で複数ファイルを選択しようとした時に右クリック扱いとなってしまいますので、非常に不便です。
もちろんお好みで他のキーに割り当てても構いません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL