Windows 7 RC版 + Windows XP Mode インストール完了

今回使用したハードはDELLのVostro 1400というノートブックで、Core 2 Duo T7250を搭載したPC。

Windows XP Modeを使用するにはハードウェア(CPU)側で仮想環境をサポートしている必要があり、比較的新しめのCPUを搭載したモデルでないとXPMは動作してくれません。
IntelであればIntel-VMテクノロジーに対応したCore2Duoが対象ということになります。
ただし、CPUベンダーのIntelとAMDはMicrosoft側と交渉している模様で、製品版のWindows7発売までには状況が変わる可能性は十分にあると言えるでしょう。
このIntel VMは、PCベンダーの方で出荷時にBIOS設定でOFFにされていることが多く、今回のVostro1400もBIOS設定が必要でした。

さて、インストールですが、まずはWindows 7 RC版をインストールし、先日書いた記事のリンクからVirtual PCをインストールします。
Virtual PCインストール時に再起動を求められますので、再起動するとWindows7のスタートメニューにVirtual PCメニューが表示され、XP Modeのメニューができるのですが、これはXP Modeモジュールのインストールページへと誘導されるだけ。
XP Modeというのは、Virtual PC用のWindows XP 32bit版イメージであり、仮想環境で実行されます。

XPMまでインストールを完了し、起動したイメージはこちら。
XPM.jpg

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL