続・Windows Vistaのアクティベーション

有償サポートになると言われWindowsをXPに戻そうかと思いましたが、ふと思い出しました。
電話を使っての自動音声応答アクティベーションでたしかオペレーターとの通話もできたはず。

試しに電話アクティベーション窓口へ電話をかけてみると、自動音声応答で「登録制限数を超えています」との案内の後でありました!オペレーターとの通話。

多少面倒ですが、なぜか音声応答側から引き継がれていないアクティベーション用の番号(かなり長い)をオペレーターに伝え、ハードディスクの故障により再インストールであるという事情を話し、いくつかの質問に答えると認証番号を発番してもらえました。

ついでに「今後再インストールした場合はどうなるんですか?」とたずねてみると、「またお電話で対応させていただくことになります」と。

とりあえず無事にアクティベーションは完了しましたが、ライセンス違反対策だけを重視しすぎて、ちゃんと製品を買ったユーザーに対しての対応がひどいという印象を受けました。

マイクロソフトの方、ここを見たら是非そのあたりの改善をお願いします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL