Windows Vista 導入記 [Aero編]

今回はWindows Vistaの特徴でもあるAeroによって見た目や使い勝手がどのように変化したかというお話です。
半透明になったり、3D効果が豪華になったりと、個人的には正直「?」な機能だったりしますが、使い勝手の向上にも一部寄与しているようにも思います。
特に便利に使っているのはタスクの切り替え時。
いくつかパターンがあるのですが、それぞれのスクリーンショットをご覧ください。

ライブタスクバー
タスクバーからアプリケーションを切り替える際、目的のアプリケーションにマウスカーソルを合わせると、そのアプリのスクリーンショットが表示されます。
これ、今何を開いていたっけ?なんて時には便利です。
Windows Vista ライブタスクバー

フリップ3D
これは新しい機能です。
Windowsキー+Tabで、スクリーンショットのように、今起動しているアプリケーションがぐるぐる回って、その中から選ぶことができます。
どうやらこれが目玉のようですが、見た目が派手なだけで全くいらない機能だったりもします(使ってません)。
Windows Vista フリップ3D

フリップ
これは以前からあった機能の拡張です。
XPまでは、Alt+Tabでアプリケーションのアイコンが出てきて、そこから切り替えたいアプリを選ぶことができました。
Aeroのフリップ3Dを使うと、ここにもアイコンではなくスクリーンショットが表示されます。
昔からのWindowsユーザーであれば、良くなったと思える数少ない機能の1つではないでしょうか。
Windows Vista フリップ
※これらの機能はもちろん不要な場合はOFFにすることができます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL